中古マンション購入注意点

スポンサードリンク

中古マンション購入注意点ナビにようこそ!

中古マンション購入注意点

本日は、中古マンション購入注意点ナビへお越しいただきありがとうございます。

 

 

当サイトでは、20年後に後悔しない中古マンション購入のために基本的な知識から、住宅ローンの選び方、契約時の注意など、幅広くご紹介していきます。

 

 

 

中古マンションが近年人気になっています

近年、住まいの購入にあたっては昔と違って新築、中古にこだわらない人が増えてきています。

 

 

また、個性やライフスタイルに合った家に住みたいと思っている若い世代の人ほど、新築か中古かというよりも、立地や周辺の環境、住み心地を重視するようになっています。

 

 

優良な中古マンションが市場に増えてきていることも、その傾向に拍車をかけているようです。現在は1994年から2006年くらいまでに分譲された大量供給時代の物件が豊富にあり、共有施設が充実しているうえ価格も下降気味のため、購入者の条件を満たす中古マンションが増えていることも理由の1つです。

 

 

さらに、中古住宅をリフォーム、リノベーションして流通させるという仕組みが一般化してきてる現在は、デザイン性だけでなく、施行法の進化やリフォーム向けの商品開発も進んでおり、以前と比べてコストが抑えれるようになってきています。

 

 

個性やオリジナリティーを大切にする若い世代のために、建築家がリフォーム業界に参入するようにもなってきており、築年数の古さを感じさせない中古マンションの人気はますます右肩上がりになってきています。

 

 

また、新築マンションでは完成前にモデルルームを見学して購入を判断しなければなりませんが、中古マンションは物件を実際に目で確認してから購入できるうえ、すぐに引渡しを受けられるのも、大きなメリットのなっています。

 

 

このほかにも、優良物件は住宅ローン控除が適応されるほか、住宅ローンとリフォームローンを一本化することもできるので、資金面でも大きな魅力を感じる人が多くなっています。

 

 

現在、日本の中古住宅が全体の住宅流通量に占める割合は13.5%なのに対して、アメリカでは実に80%近くとなっています。

 

 

日本では2006年に環境問題への配慮から住生活基本法が施行され、住宅政策の量から質への転換が図られました。また、国土交通省では中古住宅の適切な評価普及のため、2013年3月に研究会を発足させ、中古物件の新たな価格評価体系を作ろうとしています。

 

 

このような背景から、より安心して中古マンションを購入できる環境が整い始め、中古マンションの市場は着実に伸び続けています。

 

 

中古マンション購入注意点

自分のライフスタイルや好みに合わせて間取りを変更したり、使い勝手のよいキッチンや収納を充実させたり、家族構成の変化にともなってスケルトンリフォームやリノベーションを行っているケースもたくさんあります。

 

 

 

 

 

転勤や転職などで住み替えを検討しなければならない人も含めて、立地がよく売ったり貸しやすい、そして資産価値の目減りが少ない中古マンションへの注目度は今後さらに高まっていくでしょう。これからは資産価値のある中古マンションを手にすることで、将来の不安を取り除くこともできるようになるでしょう。

 

 

当サイトでは、将来公開しない中古マンションの購入を実現するための知識や注意点を出来うるかぎり公開していきます。皆さまの中古マンション購入にあたり、当サイトの情報が少しでも役立てばと思います。



スポンサードリンク





中古マンション購入注意点ナビ TOPへ